Case04:自社製品・技術の用途仮説を構築する

サービス活用例4:
自社製品・技術の用途仮説を構築する

このような時に
・既存製品・技術の新たな活用方法を検討したい
・研究中の技術のターゲットユーザー像を明確化したい
・自社では想定していなかった技術の用途案が欲しい
など

Step1. 
貴社の保有する製品・技術の詳細を確認し、その特徴や強みを整理します。

Step2. 
各業界の取り組みを幅広に調査し、製品・技術の用途に関するアイデアを数件導出します。

Step3. 
お客様に主体的に考えていただく場をファシリテートし、更なるアイデアの抽出や特に注目すべきポイントの精査を行います。検討結果を最終的な用途仮説として報告書にまとめます。

実績テーマ例
  • 開発中の素材を活用した製品のアイデア(化学メーカー 技術企画部)
  • 特殊な容器製品が解決できる市場ニーズ(日用品メーカー 営業部)
  • 小型バッテリ製品の新たなユーザー像(電機メーカー 技術推進部)
  • 受託生産を拡大するための装置の新規用途(素材メーカー 開発企画部)
  • 特殊バイオマス素材の強みと有効な展開分野(化学メーカー 研究企画部)
  • 次世代半導体材料の開発の方向性(素材メーカー 研究開発部)
  • 高精度な非破壊検査技術を必要とする業界(機械メーカー 技術研究部)
タイトルとURLをコピーしました